外壁リフォームで美しいお家に変えましょう

冬場には温かくする

インテリア

木製サッシを導入することにより、冬場では室内を温めることに一役買ってくれます。
夏場では熱伝導率による影響で室内を過度に温めない効果があるため、冬には室内温度を下げてしまうのでは、と考える人もいるでしょう。
冬場の木製サッシは、熱伝導率の低さから、室内の熱が外に出てしまうことを防ぐことができるのです。
どの家庭でも、冬場になればストーブやエアコンなどの機器を使用し、室温を高めるものです。
しかし、通常のアルミサッシであれば、こうした室温を高める機器の温度が伝わることで、夏場とは逆に外へ熱を逃してしまうのです。
空調で室温を温めたとしても、窓ガラスやサッシが冷たいままであるのはこうした理由からであり、せっかく温めた温度をどんどん外へ逃しているため、触ると冷たく感じるのです。
また、こうした温度の違いから、室内の湿気をアルミサッシが急速に冷やすことで液化し、結露などが起こる事もあります。
結露は、放っておくと室内の湿気を過度に高めるため、カビなどを発生させる原因となります。
冬場であれば多くの人が窓の閉めきっているため、空気の対流が悪くなるため、カビの胞子が付着しやすくなり、爆発的に増殖する危険性があります。
カビ胞子は人体に対して有害であるため、冬場にできたカビの影響で体調を崩す可能性もあり、こうした結露にはきちんとした対策が必要となります。

アルミサッシから木製サッシに変えることにより、こうした結露を防ぐことができます。
熱伝導率の低い木製サッシは、温められた空気の熱をアルミサッシほど伝えられないため、熱を外へと逃がすことはありません。
室温を下げる事を防ぎ、さらには結露を防ぐことができるため、木製サッシは省エネだけではなく、住人の健康にも対応してくれるのです。

Copyright© 2017 外壁リフォームで美しいお家に変えましょう All Rights Reserved.