外壁リフォームで美しいお家に変えましょう

夏場は涼しくさせる

男の人と女の人

木製サッシは、アルミサッシとは違い、夏場などでも室内を過度に温める事はありません。
アルミサッシは、太陽からの光によって過度に熱せられる事があります。
金属であるため、こうした熱にの影響は受けやすく、直射日光が当たり続けた場合、短時間で触る事もはばかられるほど熱せられるのです。
こうした熱は、クーラーなどで空気を冷やしたとしてもすぐには冷たくならず、窓からの光が差し込んでいる間は発熱し続けるでしょう。
このアルミサッシの熱は、クーラーなどの空調の働きを阻害し、室温が下がる事を邪魔してしまうため、電気代の上昇など多くの弊害を産んでしまいます。
たかがサッシが熱くなっただけで、室温がそれほど変わるとは思えないと考える人もいることでしょう。
しかし、こうした金属は熱伝導によって他の金属へと万遍なく熱を伝えます。
アルミサッシの熱は、サッシ全体に影響される他にも、窓ガラスにも大きな影響を与えるため、窓全体が熱せられる場合もあるのです。
室内の一角を占める割合の窓が熱くなれば、それだけ広い面積の空気を熱することとなるため、室温が上がる原因ともなります。
このような状態を放っておくと、室内温度が上手く下がらないため、空調設備の出力を上げる結果となるため、電気代が上がってしまいます。

こうした自体を避けるため、利用できるのが木製サッシです。
木製サッシであれば、直射日光が差し込んで来ても過度に熱せられることはありません。
熱伝導率が少ない木製サッシに変えることで、夏場の電気代も少なくて住むため、省エネとして利益を得られるでしょう。

Copyright© 2017 外壁リフォームで美しいお家に変えましょう All Rights Reserved.